京都の夏をひと月暮らすのは、40年ぶり。KYOTOと TOKYO は別の国だ。TOKYOは TOKYOだけどKYOTOはKYOTOとTOKYOでできている。40年前に比べるとTOKYOの%tageは増えてはいるが、やはりKYOTOは変わらない。時代にあわせてTOKYOがちょっと入る。ヨーロッパの伝統的なブランドが現代美術家にデザインさせたりストリートブランドとコラボするように。縁あって建築家友人宅にお世話になり気がついたらもうひと月。知りたいことや見たいこと、たしかめたいことが尽きず。生まれ育ったところだけれど深すぎます。まだしばらく京都。やりたいことやろう

写真/平林克己

PHOTO / Katsumi Hirabayashi

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。