• Motoaki Takahashi Office

    Art & Art Director

     

     

     

  • 20M

    リーチ数

    $1.5M

    調達資金
  • Motoaki Takahashi

    Art & Art Director、Photographer
     

    born in Kyoto
    graduated Tokyo University of arts
    ~2015 dentsu creative director
     

     

    atelier

    Kyoto
     

     

  • 心が追いつくまで

    14 June 2019

     

    「以前、こんな話を読んだことを思い出しました。たしかアンデス山脈へ考古学の発掘調査に出かけた探検隊の話です。大きなキャラバンを組んで南アメリカの山岳地帯を旅していると、ある日、荷物を担いでいたシェルパの人びとがストライキを起こします。どうしてもその場所から動こうとしないのです。困り果てた調査隊は、給料を上げるから早く出発してくれとシェルパに頼みました。日当を上げろという要求だと思ったのです。が、それでもかれらは耳を貸さず、まったく動こうとしません。現地の言葉を話せる隊員が、一体どうしたのかとシェルパの代表に尋ねると、彼はこう言ったというのです。

    “私たちはここまで早く歩き過ぎてしまい、心を置き去りにして来てしまった。心がこの場所に追いつくまで、私たちはしばらくここで待っているのです。” 」

    ———————————星野道夫 旅をする木

  • Memo or Diaries

    6月5日水曜日曇り

     

    4時頃目が覚めてiPhoneをしばらく見てしまう。7時半起床。寝起きがとても悪い。

    スマホ見たらダメだな、やはり。朽木に行くことや、美術展をどれを見に行くか、京都のこれからをどうするか。週末の渓流行きのことなど思い巡らす。自分の1日を自分で決める。思えば、学校、そして会社と決められたスケジュールに合わせるという人生を送ってきたし、世の中のほとんどの人がそうだろう。そして、そういう学習はひつようなはずだ。教育は大切だし、いい教育を受けてきたと思う。自分の生まれ育ってきた人生は、長い歴史で見るとちっぽけな、高々100年にも満たないものだ。人は自分の生きた時間しか知ることはない。

     

    いまの時間が無為なのか。無為なわけがない。会社生活を終えて、ちがう過ごし方がはじまっただけだ。その為の生活資源を蓄えていた時間だ。自分が死ぬまで生き続けていくのに、拠り所になるのは、自分の基にあるものだ。それは子供の頃から変っていないはず。その周りに沢山の色々なものをくっつけて生きてきた。それを一つずつ、一枚ずつ、丁寧に剥がしている。残るものが自分のコアだ。

     

    経済主義の世の中は、プラスの価値で成り立っていて、うっかりするとどんどん新しい皮がくっついてくる。借り物の皮膜。着膨れして動きが鈍くなり、暑苦しくなるまで気づかない。脱ぐこと。引いていくことをいつも気にしていてちょうどいい。

     

    いまどれくらいハダカに近づいただろう

     

     

     

  • days

    Minimalism

    27 May

    NetflixでMinimalistというドキュメンタリー番組を見た。どれだけ生活(価値観)をシンプル&コンパクトにできるか。ぼくらは戦後の高度成長期に生まれいまに至る。広告代理店時代は夫婦それぞれで人口の1%という「高給」をとっていた。世の中全体が躁状態で、欲しいものはほぼ(自分のイメージできる範囲だが)手に入った。制作予算は潤沢にあり、関わるスタッフも大勢。企画が通ったあと、現場ではそれぞれのPROFFESONALが実施作業をするのでロケ現場では、ほぼ眺めているだけであった。クライアントも普段行くことのない外国の広大な風景とシステマティックに動いていく現場はおまかせで、まさに公費海外視察旅行の体。そのころから現場で実際にものをつくっているスタッフには、尊敬の念と、ある種の嫉妬があったのは事実である。撮影の待ち時間、合間に写真をとり、スケッチをした。けしてその段階ではMediaに載ることのない自分の手遊び。50代が近づき、会社内ではポストを望むようになる。いや、そこにいるならそうならないと居心地が良くないような気分になる。ほんとうに自分がCREATIVEをめざし、CREATORであることがIDENTITYなら、企業内のバイアスから離れ、ひとりの作家「creator」として生きる道を選ぶことは出来たはずだ。しかし、最早そのころにはお金の価値が自分の中の大半を占めていたのだと思う。Creative Directorという「肩書き」を手に入れたあとはどんどんと優秀な部下に仕事を任せることになり、いわゆる日本の会社的な管理作業と、上司にへつらう自分の上司に辟易とすることになる。55歳で、好条件のretire planもあり、このままでは自分として行きていくことが難しいと会社を出た。そのときにその後の具体的な職業planがあったかと聞かれると、それはNoだ。さほど必要もなく、魅力に欠けるものを売るための惹句と表現をつくることが気持ち悪くなるほどいやになってしまったんだ。消費のために働き、収入と時間を使ってきたことに気づく。どれだけの「高価」なものを手に入れ「消費」してきたんだろう。30数年間のサラリーマン生活のあと、見返してみると、自分の存在にとって必要なものがある程度見えてきた。ある程度というのは、まだこの先、その時の気分で、「これは本当に必要なものだ」と新たなモノを広報に乗っててにいれそうだから。本当に必要なものは、LifeStyleと時間が選別するものだろう。サラリーマンを辞めたので、もうあの価値観にもどることはないだろう。いま手元に残っている、モノと思い出は、幼少期の少しのものと、「社会にでる」前のものである。自分をつくっているのはそこにあると確信している。日本における社会とは「会社」価値である。それは政治も含めてである。

    8 octobre, 2018
    ところでボクは、もうすぐ42才になるのですが、何も楽器ができません。ホラもろくに吹けません。三味線も弾けません。この4月にちょっとしたことがあり、ピアノを習い始めました。ホントはSAXを習いたか...
    6 octobre, 2018
    「 瓦屋根」 夏は、京都で過ごしました。ボクの実家は市内にあるのですが、バブルの頃に4階建てになり、瓦屋根の家並みが見渡せます。一番手前の風情ある一軒家は、警察の官舎です。ここの家は一年中、...
    8 août, 2018
    なんにでも"SLOW"をつけてみる。SLOW FOOD. SLOW SLEEP, SLOW BATHING, SLOW LOVE, SLOW SEX... なんでもいい、ちょっと心のテンポがスピ...
    More Posts
  • 18 April

  • Weaving the Tones 写真展 4/23-30 ギャラリー大門

    11:00~19:00 (最終日は17:00) https://www.gallery-daimon.com/

  • Galleries & Exhibitions

    Here's where you can find my past works

    KYO都 photo exhibition

    July. 29 - Sep. 29 2015
    Coolie's Creek , Shirogane Tokyo
    http://cooliescreek.jugem.jp/

    Sketch & Photograph Exhibition

    Nov. 2014
    ART FOR THOUGHT
    http://artforthought.jp/

    HANA SNAP photo exhibition

    .Jan. 20 - Feb. 01 2016
    ABG (America Bashi Gallery) ebisu,Tokyo
    http://americabashigallery.com/

     

    AUTHENTIC HAWAII photo exhibition

    Mar 22-Apr04 2016
    Ichibeicho Gallery , Roppongi Tokyo
    http://www.ichibeicho.com/

    Life,

    photo exhibition

    May 06-16 2018
    ART FOR THOUGHT

    Ginza, Tokyo
     

    Weaving the Tones

    KG+

    April 23-30 2019
    gallery Daimon

    KYOTO
     

  • Graphic

    Creative Direction, Art Direction, Design

    Heavenly Hana

    Creative Director / Photograph / 50pages

  • Say hello!

    Don't be afraid to reach out.

All Posts
×